The UK

Tate Britain/テート・ブリテン

美術館がロックダウン後に再開されてから行ってみたテート・ブリテン。主に16世紀から現代美術までのイギリス美術をメインのコレクションとしていて、テート・モダンと同じグループに属しています。ロックダウン以前もそんなに混雑しているイメージはなかったので、緩和後一つ目として行ってみることにしました。 もともと無料公開しているテート・モダンですが、ロックダウン後ということもあり、マスク着用必須、事前予約も必須というシステムに変更。予約では時間帯が埋まっているということもなく、現代/それ以前のギャラリー別に予約となっていたためどちらも予約してみたら、実際には、入館時に片方の予約画面を提示したのみで、ギャラリーをまたぐ際には特に提示を求められることはありせんでした。 特集展示:Steve McQueenの’Year3’ 屋上からの光がさす広い廊下に出ると、Steve McQueen によるテートのフォトグラファーが撮ったロンドン中のいろんなYear 3(7歳から8歳?)の児童の写真が展示されています。これでもか!というくらい膨大な量で、制服もピンク、紫、赤、、など、カラフルかつ個性的でおもしろいです。 個人特定を防ぐため、どこの学校とかは一切書かれていないものの、地域や学校の種類によっては人種の偏りがあきらかに見て取れる写真もあります。 見ていると未来のロンドンというのが少し想像されてきて、集合写真を集めることで、そういう見方ができる事が興味深いです。 常設展示:ヘンリー・ムーア テート・ブリテンの常設展示で特に注目したいのは、ヘンリームーアのコレクション。解説によると、ムーア自身の寄付などもあり、テートモダンで634点もの木や石、金属による彫刻、ドローイングやプリント作品を所有しているそう。 たとえば「ファミリーグループ」という作品では、ミニサイズの試作品もならび、最終形までの変遷もみることが可能です。 ヘンリームーア作品というと屋外に多いイメージがあるけれど、ここでは屋内サイズで見られる作品がいくつも展示されていて、抽象的だけれど温かみのある曲線が何回見てもほっこりします^_^ ビクトリア朝時代のコレクション 常設展示で他で特に充実しているのは、ビクトリア朝時代のコレクション。 ミレイ、ロセッティ、ハント中心で結成された、ラファエロ前派(Pre-Raphaelites)の絵画が数多く展示されています。 最初は秘密結社?だったそうで、結成を記念したブループラークも、大英博物館の近くにあります。(テートブリテンには近くはないけど、、) 当時ロイヤルアカデミーではラファエロが一番とされていたため、そこに反発してラファエロ以前へ!という意味があるそうですが、こまかな観察による写実的な描写は当時はみんなにウケが良かったわけでもなく、文豪チャールズディケンズも、ミレイの描いた聖母マリアを「醜くてひどい、、」と言ったとか。 代表作品:ミレイの「オフィーリア」 時代が変わっていまはテートブリテンで一番人気!のミレイ作オフィーリア(グッズ売り上げが多いとか。)。 シェイクスピアの「ハムレット」の1シーンを描いたこの絵画、モデルは後にロセッティの妻になった人だそうです。 解説を見ると、冬にミレイが描いている際、モデルがバスタブにつかった状態で進めていたものの、温度を保つためのランプが切れたことに気づかず、モデルも言わずにいたため風邪をひき、モデルの父親から今だと3000ポンド(40万以上!)もの治療費請求書がミレイにおくられてきたそう。 なんだか描かれた時代が近現代となると、残っている話も多いため、制作の背景や裏話など、細かいことも知りながら見ることができるのはさらに面白いなあと。今度行く時は、解説を見てから鑑賞へ行くのも一つかなと思いました。

4コマ:カレー事情 in イギリス

なぜそうなったのかわからないけれど、揚げ物付きのカレーが人気になるうちに間違って広がったのかな??と推測。大手の企業のメーカーですら勘違いしてるんだから、そう思っている人は多そう。美味しければいい、といえばいいけれど、たまにカツカレーキット、というのを見かけると、結局、なにが中に入ってるんだろう、、?とつい確認してしまう。

4コマ:ロックダウンの話 2

イギリスでのロックダウン発表後、家族以外の人との距離を2m以上あけることが必要になった。 ただすれ違うだけだったら別に飛沫感染とかいうことはほとんど心配ないだろうけれど、公園で日光浴とか、長居するのも良しとされていないし、気にする人は気にするので、お互い道を譲り合ったり、最大限端に寄るようにしている。 なので、こういうことも時々起きがち。。

ロンドンでの生活とコロナの影響

最初に新型肺炎のニュースをちゃんと聞いたのは、1月の終わりの方だったような気がする。 BBCをつけっ放しにしていたら、日本でのクルーズ船のニュース。そこで隔離されているイギリス人夫婦がリポーターのように毎日レベルで出ていて、番組でも全体的に日本を批判する内容が多かったように思う。(イギリスの船なのに、、とは未だに思うけれど。。) そのうちにだんだん、アジア人が差別されるという話を聞き、一人で電車やバスに乗るとき、大丈夫かな、、と内心毎回ドキドキした。マスクしたいけど、するのも逆に何かあったら、、と。 結局1回だけ、隣にいたおばさんがなぜか離れたところに座り直したくらいで他は何も言われたりすることはなかったから、まだよかった。 3月始めくらいになると、ロンドンの中心部で、まだ夜遅くもない時間にタイ人の学生がコロナのことで暴行を受けたというのを聞き、ますます出かけるのが嫌になった。 イタリアではもうコロナのニュースは大事になっていたようだけれど、全体的にイギリスだと、まだこの時点では対岸の火事のような雰囲気があったと思う。 そんな中、仕事の行き帰りにいつもオックスフォードストリートを通ることが多く、一番の繁華街でいつもは人が多くてぶつかりそうになるのに、ふと、避けなくても大丈夫になっていることに気づいた。 中旬以降はさらに人が減って、お土産屋さんなんて開店休業状態だし、ファッション店のいくつかは、すでに暫く閉める張り紙が貼られていた。 ロンドンのロックダウンの直前になると、駅はいくつか閉鎖されて、ソーホーでも警察官や少数の人が歩いているだけ。映画「28日後」を思わせるような光景になっていた。もはやマスクをするかどうかなんて迷うこともなく、こんな中に出かける必要があることに後ろめたさを感じたし、外出禁止令がでるのはもはや時間の問題とひしひしと感じた。 スーパーに行っても、最初はトイレットペーパーや消毒液だけの話だったのが、生鮮食品の野菜、肉すら一気にからっぽになって、たった短期間でここまで日常が変わってしまうことに、愕然となった。 でも、、この感覚はすでに知っているぞ、、と考えた時、9年前の東日本大震災で経験した、毎日の余震、地震のニュース、、同じCM、、 「日常」って思っていたことは、当たり前なんかじゃなかった、と、節電で昼間も暗い電車に乗りながら思った記憶を思いだした。 時間が経って、忘れてしまっていた部分があったと思う。 こうして今、ロックダウン=外出制限(買い出しと1日1回のエクササイズ目的以外は原則禁止)となって、未だにパニック買いはあるし、不自由もあるけれど、ごはんが毎日頂けて、連絡が取り合える友達や家族、また、感染のリスクがありながら社会のために働いてくれている、 医療従事者以外でも、近所のスーパーの店員さんやごみ収集の人、、普段、見過ごしがちだったいろんなことに、改めてありがたいと、気づくことができた。 個人としてできることは少ないけれど、あらためてちゃんと声に出して、周囲に感謝を伝えたいと思う。

Museum of London/ロンドン博物館

はるか昔から現代にいたるまで、UK全土よりも、ロンドンをメインに絞った地域の歴史を紹介するロンドン博物館。ローマ人の侵略を受ける前の古代の生活から、ゲルマン人侵略後の中世、近代、第二次大戦後の現代に至るまで、豊富な資料とともに紹介されています。 特集展示:The slash (スラッシュ) ちょうど訪問時はThe slash (スラッシュ)の特集展示が行われていて、直筆の歌詞や、’London calling’のジャケット写真で使われた、その時壊されたギター等も展示。 なんとなく、ぶっ壊してるのにこんなに大事に残ってるんだ、、て思ったりしなくもないような。。 こちらの展示は2020年の4月19日まで。 ロンドン博物館・常設展示 常設展示ゾーンにはいると、石器や土器、家など、歴史の始まりの時期はパッと見どこでも変わらないんだな、と感慨深いものが。 ただ、やはり濃い顔族だけあって、土器の顔も日本の人面土器と比べると濃い目なのが面白いです。 それぞれの時代時代での街や、家の様子なども再現されており、 近代ヨーロッパのドールハウスのような部屋とは全く異なる、 ロンドン中心部(今でいうとbank of england 近く)で発掘されたモザイクを元に復元した、ローマ帝国時代のロンドナー??の部屋も展示。 曇り空ぎみなこの街にむしろ眩しすぎたんじゃないか?って気もするくらいの 明るいモザイクタイル。 またこの時代(AD300年代)すでに部屋を暖めるセントラルヒーティングシステムが 出来ていたところなど、ローマ時代の技術の高さに脱帽です。   常設展示見どころ! プレジャーガーデン その他のコーナで特に見所なのは、衣装や映像が面白い「プレジャーガーデン」。 プレジャーガーデンとは、ロンドンではVauxhallエリアに初めて開かれて、18~19世紀中頃まで存在した音楽や飲食、仮装(!)などなど、、当時のナイトライフを支える、ちょっといかがわしい大規模な娯楽施設だったそう。 そこでは当時最先端のファッションを身にまとった人たちが集っていたということで、このエリアはジョージアンやビクトリアン時代にあたる様々なファッションが展示されています。 保存のためにも定期的に展示を変える必要があるそうなので、時期を変えて訪れたら、また違うヴィクトリアンファッションに出会えるのではないかと。 学校の世界史の勉強だといろいろな国の歴史を一気にまとめて学ぶことになるので、一つの都市、ロンドンの歴史に絞って集中的に知ることができるのはとても貴重な機会だと感じます。 ちなみにこのロンドン博物館、2021年に建て替えが予定されていましたが、諸事情で2024年まで延長になったとか。。 なんでも延期になるのって、イギリスあるある。。 おまけ ロンドン中心部、オックスフォードストリートにある百貨店「Selfridges(セルフリッジ)」。 ドラマでも「Mr. Selfridge」として大ヒットしましたが、そのセルフリッジズに当時設置されていたエレベーターが移設されており、ロンドン博物館内でみることができます。 ドラマを見てからいくと、想像が膨らんで面白いかもしれません。 Museum of London ロンドン博物館公式HPはこちら↓ https://www.museumoflondon.org.uk/museum-london

The Wallece Collection/ウォレス・コレクション

ロンドン中心部のにぎやかな表通りの奥に、ひっそりとたたずむウォレス・コレクション。 ナショナル・ギャラリーなど、大きな美術館が数多く存在するロンドン内で、比較的小規模で買い物のついでにも行きやすい美術館です。 18世紀から19世紀にかけて、英国貴族ハートフォード侯爵家によって収集された作品が寄贈され展示されています。 ’ウォレス’の名前は4代目の私生児でコレクションを拡大したリチャード・ウォレスにちなんだ名前。建物自体もかつてのハートフォード侯所有地の一つで、とっても豪華! フランスやスペインの大使館として使われたという歴史もあるそう。国の所有物となったあと、美術館として1900年に開館し現在に至ります。 外観は工事中だったものの、中に入ると目の前に広がるのは豪華な階段! ロココ美術のコレクションが豊富! 約5500点にもわたるコレクションの中で、一番の特徴は18世紀のフランス美術品が豊富なこと。ベルばらや、ロココ美術がすきな人は絶対楽しめるはず!ポンパドゥール夫人や、マリーアントワネットがお気に入りだった画家、ヴィジェ・ルブランによる可愛らしげな絵画、当時の陶器なども展示されています。 写真はロココ芸術の代表的な作家、フラゴナールによる代表作「ブランコ」。軽快な(むしろ、ただ退廃的&享楽的!?)な雰囲気が、見ていてひたすら明るくて楽しげです。 名画や甲冑コレクションコーナーも また、ロココのみならず、レンブラントやヴァン・ダイクなど、教科書にのるような巨匠の作品、数多く展示され、他にも調度品や甲冑、銃、小さなレリーフなど、小規模な美術館ながら、凝縮されていて見所が数多いです。 ウォレス・コレクションの特徴 多岐のジャンルにわたるウォレス・コレクションの美術館で個人的に特筆すべき点だと思うのは、それぞれの展示部屋自体がとても凝っていて、各部屋にテーマカラーがあり、水色・ピンク・イエロー、、などなど、調度品からカーテンのタッセルに至るまで統一感のあるコーディネートが施されていているので、部屋をうつるごとに展示部屋自体も丸ごと目の保養になります。 色とりどりのインテリアと美術品との調和が、見ていてわくわくです! 入場料無料で入れる上に、立地の良い場所の割りにはいつもあまり混んでもいないので、インテリアを含め、何度でも訪れたい美術館です。 The Wallace collection ウォレス・コレクション公式ページ↓ https://www.wallacecollection.org/

RuPaul’s Drag Race UK season2 の感想と考察

*ネタバレ含む* 日本でもNETFLIXなどでアップされているのかわからないけれど、 3月末BBCで、大好きなルポールのドラァグレース UKシーズン2のフィナーレが放送されたので、 USA版と比較してのUK版ドラァグレースの見どころや、 番組全体を通して思った、考察などをメモ。 RuPaul’s Drag Race UK版の見どころ3つ LGBTとUKの事情 RuPaul’s Drag Race UK Season2の感想と考察 RuPaul’s Drag Race UK 版の見どころ3つ 見どころ 1 根本的に穏やか(なはず)&DIYが多め そもそも、公共放送のBBCがスポンサーなためか、 残念なことに優勝賞金もないし (BBCが優勝者にミニシリーズを作ってくれる、という特典はあるものの、、)、 メインエピソードで勝ってもバッジ1こしかもらえず、、 「こんなに頑張ってるのに、もっと予算回してあげなよ!」とツッコミたくなります。。 USAバージョンだと、ミニチャレンジですら賞金が出る中 2021年秋以降に予定されているseason3もBBCでの放送が続くことが決定されており、 しばらくこの傾向は続く模様。 でも、その分裏を返せば、構造的には、 小競り合いはあるにしても、 和気あいあいとした空気には比較的なりやすいのかなと思っています。 また、そういう賞金事情?も関係してか、 今のところ自分で衣装を作ってこれる DIYなクイーンが多くいる印象で、見ていて楽しいです。 見どころ 2 ドラァグの種類の多様性 本家のUSAバージョンを見ていると、 パジェントの優勝経験があるクイーンが出てきたり、 回数も重ねてきて美の基準というのがもっと明確な印象があるけれど、 UKのだと、これまでのところもっと キャンピーな(歌舞いてる?)クイーンが多い印象。 毛を剃っていなくてもOKだったり、 あえて老けて見えるメイクもしていたりするし、 コメディっぽいセンスも入れつつ、多種多様です。 season1の優勝者も、 「ブリティッシュドラァグはパフォーマンスが大事で、 いくら見た目がよくても、マイク持ったときに何かできなきゃ意味ないよね、となる」 と言っていたように、 ドラァグの見た目はこうあるべき、というのは優先順位として そこまで重要でもなさそうです。 見どころ3 出身地とカルチャー …

RuPaul’s Drag Race UK season2 の感想と考察 Read More »

Remembrance day

赤いポピーのモチーフを多くの人がつけているこの時期、今日は、大戦犠牲者を追悼する日。ハリー・ポッターで有名なSt Pancros 駅でも、巨大なポピーのモニュメントを発見。こうして今、別の国にいても平和に暮らせていることに、改めて感謝だ、とはっとします。