App

massCodeでサクサク!メモ管理の良いところ5つ

フリーでのスニペット管理アプリを探していたら、2020年に登場した比較的新しいアプリ、massCodeを発見。 無駄に機能がつきすぎていることもなく、見た目としてもキレイですっきりしていて、 サクサク動くのが良い感じなので使ってみて現状良かった点5つをご紹介。 バックアップまで自動で保存 データの同期が可能 管理方法がシンプル&色分けも可能 エディターとしての機能 Tray Assistantでワンクリックコピー おまけ メリット① バックアップまで自動で保存 command+Sをしなくても自動的に保存してくれるので、基本書きっぱなしでもOK!バックアップも、特に設定を変更しなくても日付ごとにフォルダを分けて自動的に行ってくれるのでとても見やすいです。 メリット② データの同期が可能 メリット③ 管理方法がシンプル&色分けも可能 メリット④ エディターとしての機能 公式サイトによると、コードエディターとしての実用性も備えるべく、VS Codeと同じエディタが入っているとか。 またEmmitとPrettierの機能も組み込まれているそうで、そのため、例えば下部の「Plain Text」からHTMLに変更して「!」を打っただけで、<!DOCTYPE html>〜</html>の型が出てきたり、などのEmmitのショートカットもバッチリ使えます。 メリット⑤  Tray Assistantでワンクリックコピー 現状Mac OSのみでの機能とのことですが、Option +S を押すとトレイアシスタントが起動し、右上のバーから検索→項目をワンクリックするだけで、内容がコピーされます。ちゃんとタグ付けをして入れば、導線がシンプルなので使い勝手が良さそうです。 おまけ まだ使用してはいないものの、マークダウン機能とプレビュー表示もすることが可能です。「Plain Text」から、Markdownを選択すると、上に目のアイコンが出るので、そこからプレビューを確認することができます。 デメリットとしては、CodePenなどのように複数のファイルを横にならべた上でプレビューもパッと見られる、とかいう種類ではないことと、フォルダ名に日本語を入れようとすると、バグ?なのか変更ができないことも。プレビューはおまけで、本当にメモを整頓するのに向いているアプリという印象です。ただ、つい先日v2.0.0のベータ版が出たようなので、今後の進化にも期待です!

Art studio Pro 大型アップデート! 3つの便利なポイント

よく使用しているArtstudio Pro が、最近大幅アップデートをして変更になっていたので、(Artstudio Pro 3.0)早速便利になった点を3点紹介。 POINT1: インターフェースが以前よりもスッキリに 今まで右上の矢印を押してペイントモードにした時は、選べるツールの選択肢が少なく、初期設定では限られたツールのみが並んでいました。 今回の大幅アップデートによって、ノーマルモード時左側にあったツールアイコン(移動、ぼかし、自動選択などなど、、)が常に上部に並ぶようになり、全体的にインターフェースがスッキリ。 公式のページでは、ノーマルとペインティングモードの融合でユニバーサルモードになった!とありますが、 リサイズ、書き出しなどその他詳細メニューも常に上部に残っているので、 基本的に上部の操作のみで全て完結することができ、 以前よりインターフェースが使いやすくなっています。 POINT2: カラーのコントロールパネルが刷新 以前はカラー選択を開いたときはデフォルトで固定のカラーパレットがまず出るようになっていたと思いますが、Painter やSAIのような円形のカラーサークルなどが追加され、4種類の色の選び方から選ぶことができ、直感的に色を選びやすくなりました。 パネル自体もフローティング仕様に変更され、レイヤーパネルやカラーパネルを開いたままでも、イラストの邪魔にならないように移動することができるようになりました。 POINT3: レイヤーオプションのパネルがすぐ近くて便利! 細かい事だけれど使っていてとっても便利だなと気づいたのが、今まで①レイヤーを選ぶ→②レイヤーパネル上部でレイヤーオプションを変更していたのが、いまは、①レイヤーを選ぶ→②もう一回タップからレイヤーオプションを変更することができるようになりました。(クリッピングマスクをする/しないなど)つくるときの作業導線がすっきりするので、地味にとても嬉しい機能。 その他 他にも、あまりまだ使ってはいないけれど、大きいキャンバスサイズに対応するべく新しいブラシが追加されたりなど、今回の大型アップデートで100以上の部分が更新されたとのこと。利便性がもっと良くなったので、さらに使いこなしていこうと思います。

Art studio Pro で iPad 快適生活② 使い方

Photoshopとほぼ同じ位置、ツールではあるものの、これどうやってやるんだろう?と、気になった部分の使い方5つをメモしました。 <使い方1> 画像を配置 下絵や画像を配置したいとき、Layer> Add> Add Layer From Photos、 Add layer from File から選んで、新規レイヤーに配置することが可能です。 <使い方2> 画像サイズの変更 配置したあと、サイズを変更したい場合は、クリックしただけでは拡大縮小のバウンディングボックスはでてこないので、Edit > Transform から、大きさの変更や位置の変更をすることができます。 <使い方3> 調節レイヤー! 元画像を変更することなく、色補正をすることが可能です。Adjust > Adjustment layer から、色の自動補正だけでなく、トーンカーブやレベル補正などまで、別の調節レイヤーとして細かくさまざまな補正をかけることができます。(もちろん、やっぱりいらなくなったら消去も可能!) <使い方4> 画像のマスク機能 photoshopと見た目は異なるけれど、マスク機能もあり。Layers下部の+マーク から Add Mask を選択して、その部分をブラシツールで塗るなどすれば、例えば一部分にだけ調整レイヤーの効果をかけることもできます。 <使い方5> 書き出し 保存は自動的にしてくれますが、JPEGやPNG、PSD等に書き出したい場合File > Export から選ぶことも可能です。 価格も 1480円(2020年4月現在)なのを考慮すると、ブログ用の画像などを作成する場合、十分すぎるソフトだなと思いました。

Art studio Pro で iPad 快適生活① 素敵ポイント4つ!

iPad向けのPhotoshopもリリースされた昨今、そろそろadobe以外で開拓していきたいと思っていたところ、appleペンシルと使いやすそうな、買い切り(ここ重要!)型のアプリ、Art studio Pro を購入。 毎月課金ではない時点で自分の中でポイントが高かったけれど、思っていたよりもさらに素敵なアプリだったので、勝手に普及すべく、4つの素敵ポイント(+デメリット2つ)を紹介。 POINT 1:インターフェースがPhotoshopとほぼ一緒 初めてソフトを使うときに面倒臭い、どこになにがあるの?と把握する作業。Art studio ProはほとんどPhotoshopと同じなので、覚えるのが簡単!(2020年4月現在、日本語表記がないようですが、photoshopを使える人なら英語でも特に問題ないはず。)スタンプツールや焼き込みツールまで備わってます! POINT2: CMYKプレビュー表示 デザイナーにとって気になる、印刷された時の表示プレビューが可能!RGBで作業していても、実際にどうなんだろうと思った時に、Image > Color Profile > CMYK preview で切り替えが可能です。 POINT3: ブラシの豊富さ Art studio Proではデフォルトからすでに多種多様なブラシが用意されていますが、追加したい場合、Brush Editor 右上アイコン>Import ABR/TPL から、photoshopのブラシファイルまで読み込み可能。 Art Studio ProをApple Pencil を使用していて、書き味としては、iPad Proのほうがタイムラグが少ないそうですが、個人的にiPad Air 3で特に遅いと感じたことはありません。 POINT4:書き出しも方法いろいろ File > Exportから、PNG・JPEG・PSDなどいろんな書き出し方法が選べるので、データの書き出しも楽々! Art studio Pro のデメリット デメリット1: 画面サイズの限界 ipadの解像度に合わせて、作成できるサイズが決まっています。(使っているipad Air3の場合、たて×よこのサイズが6400万画素を超えると作成不可)ただ、印刷用A3のサイズも作成できるくらいなので、そこまで大きくないデータをつくる場合問題はありません。 デメリット2: パスの機能なし ドローイング向けなので、photoshopやillustratorとは異なり、パスでイラストを描きたい場合は向いていません。メリット・デメリットを考慮しても、保存も自動的にしてくれるし、いまのところ、全体的にとても使いやすくて快適なアプリです。

イラレの代用に !? Vectornator X 感想

数あるiPadのお絵かきソフトの中で、Illustrator 的に使えるアプリがないかといくつか試してみたところ、個人的に本家の方のAdobe illustratorDrawよりも、今の時点(2019/12月)でvectornator の方がはるかに使いやすいことが判明。 かなりいい感じだったので、vectornatorのメリットを何点かご紹介します。 vectornatorの概要 Vectornatorアプリのメリット3つ Vectornatorアプリのデメリット vectornatorの概要 vectornatorは主にベジェ曲線を使って描きたい人のため、つまりillustratorを使ってイラストを描くのが好きな人に合うお絵かきアプリで、公式サイトによると、創業者はなんと19歳(!)だとか。子供のときに、イラストを描くためにソフト自分でつくることにしたって、すばらしすぎです。。今のところ英語サイトしかないようだけど、サイト内ではチュートリアルのビデオがみれます。ベジェ曲線で描けてしかも無料!なので、イラレの代用としてipadで愛用しています。 ソフトの公式Webサイト↓ https://vectornator.io Vectornatorアプリのメリット3つ メリット1: フォーマットの選択肢が豊富 最初から拡大しても荒くならないベクター形式のデータではあるものの、もともと豊富にあるフォーマットを選べば、書き出す時にもリサイズ等不要!でそのまま使用可能。(Twitter icon用のフォーマット等もあり) メリット2: グループ化・マスクなど充実した機能 メリット3: 互換性がいい PCでIllustratorを使って仕上げたい人も、PNGや他の形式にしたい人も、書き出し形式が豊富な選択肢から選ぶことが可能です。  Vectornatorアプリのデメリット アイコンの意味がたまに不明瞭 スッキリしたUIで全体的に見やすいものの、イラストレーターユーザーには見慣れないアイコンもあり、たまに何のアイコンなのか、ぱっと見たときに謎、、試してみればいいものの、説明の文字でもつけてくれたらもう少しわかりやすいかと。 でも総じて、iPadでイラレ的なソフトを探している人にはとーってもオススメのソフトです。