カード型コンテンツの高さを揃えて、レスポンシブにする方法

Advertisements

タイトルの長さが異なっても、複数のカードの高さを揃える方法をちゃんと知っておきたかったので、さらにそれをシンプルにレスポンシブ対応させる方法について、アレンジをしてみました。

カード1点についての記事(下記)の続きになります。

flexboxの要素として2021年に主要なブラウザ全てに対応した、gapプロパティも使いながら整えていきます。

  1. HTML&CSS/SCSSの設定を確認
  2. コードのポイント3つ
  3. gapプロパティについて

1 HTML&CSS/SCSSの設定を確認

まずは、全体のコードがこちらになります。

HTMLのコード

	
   <section class="container">
      <div class="container__wrapper">
        <div class="card">
          <figure class="card__img">
            <img src="img.jpg" />
          </figure>
          <h3 class="heading card__item flexible">box-title</h3>
          <p class="ellipsis card__item">
            Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do
            eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
          </p>
          <time class="card__time card__item small" datetime="2021-12-01"
            >2021 12.01
          </time>
        </div>
        <div class="card">
          <figure class="card__img">
            <img src="img.jp" />
          </figure>
          <h3 class="heading card__item flexible">
            box-titlebox-titlebox-titlebox-titlebox-title
          </h3>
          <p class="ellipsis card__item">
            Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do
            eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
          </p>
          <time class="card__time card__item small" datetime="2021-12-01"
            >2021 12.01
          </time>
        </div>
        <div class="card">
          <figure class="card__img">
            <img src="img.jp" />
          </figure>
          <h3 class="heading card__item flexible">box-title</h3>
          <p class="ellipsis card__item">
            Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do
            eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
          </p>
          <time class="card__time card__item small" datetime="2021-12-01"
            >2021 12.01
          </time>
        </div>
      </div>
    </section>

CSSのコード


/* ===============================================
#common
=============================================== */
html {
  font-size: 62.5%;
  line-height: 1.4;
  color: #082b50;
}

body {
  font-size: 1.6rem;
}

img {
  width: 100%;
  height: auto;
  -o-object-fit: cover;
     object-fit: cover;
}

.heading {
  font-size: 2.4rem;
}

.small {
  font-size: 1.3rem;
  color: #79767d;
}

.container {
  width: 100%;
  max-width: 960px;
  margin: 100px auto;
}

/* ===============================================
#Card Styling
=============================================== */
.container__wrapper {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
  width: 100%;
  padding:0 20px;
  gap: 20px;
}

.card {
  box-shadow: 1px 1px 3px rgba(106, 131, 152, 0.2);
  display: flex;
  flex-direction: column;
  width: calc(100% / 3 - 20px * 2 / 3);
  background-color: white;
}
@media (max-width: 768px) {
  .card {
    width: calc(50% - 20px / 2);
  }
}
@media (max-width: 414px) {
  .card {
    width: 100%;
  }
}
.card__item {
  padding: 10px 10px 0 10px;
}
.card__time {
  color: #888888;
  text-align: right;
  padding-bottom: 10px;
}

.ellipsis {
  display: -webkit-box;
  -webkit-box-orient: vertical;
  -webkit-line-clamp: 3;
  overflow: hidden;
}

.flexible {
  flex-grow: 1;
}

2 コードのポイント3つ

Advertisements

コンテンツ同士の、隙間の調整

flex要素にもgapプロパティが使えるので、card3つを囲むwrapper要素に対して、


.container__wrapper {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
  width: 100%;
  padding:0 20px;
  gap: 20px;
}

上記の様に、cardの要素同士の行や列の隙間を、gapプロパティで20pxに設定しています。
さらに、レスポンシブで幅が狭くなった際にも、paddingで左右のそれぞれの端に20pxずつ余白が確保される様になります。

レスポンシブ対応

カード全体を囲うcardのクラスに対し、メディアクエリをつかって、PC/タブレット/スマホの場合それぞれで幅を変更して、3つ→2つ→1つに並べるように変化させています。


.card {
  width: calc(100% / 3 - 20px * 2 / 3);
}
@media (max-width: 768px) {
  .card {
    width: calc(50% - 20px / 2);
  }
}
@media (max-width: 414px) {
  .card {
    width: 100%;
  }
}

PC幅では、それぞれのカードの幅を、width:100% / 3から「20px * 2 / 3」ずつ引くことで、40px(20pxのすきまが2個分)できるようにして、3つ並べています。

タブレット幅だと、width: 50%;から、「20px / 2」ずつ引くことで、全体として20pxのすきま1個分を確保して2つ並べています。

SP幅の際は、width:100%;に設定して、1つずつ並べています。

Advertisements

文字量が違う時の高さを揃える

そのままだと、見出しの長さが異なる際に、ガタガタして見え綺麗ではないので、見出しに下記を加えることで高さを揃えています。


.flexible {
flex-grow: 1;
}

意味合いとしては、カードの要素=display:flexの中に子要素がいくつかある中、見出しにflex-grow :1;を指定することにより、カードの要素中の空いているスペースが見出し部分に全て割り当てられることになるので、結果として見出しの高さが揃って見えます。

3 gapプロパティについて

Flexboxで使用されるgapプロパティは、2021年4月からはsafari 14.1も対応が決まったことで、IE以外の主要なブラウザでは全て対応済みになりました。

gap: 〇〇px;値が1つで、「 行」と「列」の間のすきまを指定
gap:◯px ◯px;値が2つで、「行」/「 列」の間のすきまをそれぞれ指定
row-gap: ◯px;「行」の間のすきまを指定
column-gap: ◯px; 「列」の間のすきまを指定

Advertisements

Similar Posts