massCodeでサクサク!メモ管理の良いところ5つ

フリーでのスニペット管理アプリを探していたら、2020年に登場した比較的新しいアプリ、massCodeを発見。
無駄に機能がつきすぎていることもなく、見た目としてもキレイですっきりしていて、
サクサク動くのが良い感じなので使ってみて現状良かった点5つをご紹介。

  1. バックアップまで自動で保存
  2. データの同期が可能
  3. 管理方法がシンプル&色分けも可能
  4. エディターとしての機能
  5. Tray Assistantでワンクリックコピー
  6. おまけ

メリット① バックアップまで自動で保存

command+Sをしなくても自動的に保存してくれるので、基本書きっぱなしでもOK!
バックアップも、特に設定を変更しなくても日付ごとにフォルダを分けて自動的に行ってくれるのでとても見やすいです。

メリット② データの同期が可能

massCodeで個人的に一番良かったのが、ローカル管理でのアプリだということ。
逆にクラウド管理だと、新しくアカウントをつくったり、有料なら非公開にすることが可能などといったことが面倒そうで、シンプルに動いて、かつローカルにフォルダ作成+ついでにバックアップもできるーくらいが良く、ちょうど条件を満たしていたのがこのアプリ。

デフォルト設定だとpc内にフォルダが自動的につくられてそこで更新、となっていますが、massCode > Preferencesを開いて、オンラインのストレージ内にフォルダを用意してそちらにStorage &Backupの保存場所を切り替えれば、バックアップデータ等、ストレージを通して間接的に同期し他のデバイスで使用することも可能になります。

 iCloud Drive, Google Drive, Dropbox などなど、様々なオンラインストレージが利用可能となっています。

メリット③ 管理方法がシンプル&色分けも可能

基本的に、左の「フォルダー」→真ん中の「スニペット 」→右の「フラグメント」の3階層で管理する方式となっています。

「フラグメント」は、スニペットの中のタブとして、File>New fragmentからいくつも増やすことができ、例えばHTML+CSSなど、メモしておきたいことを分けて保存、なども可能です。
対応しているファイルの種類も豊富で、SCSS,Css, JavaScript, LESS等々、、下の「Plain Text」から該当するファイルタイプに変更すると、色分けもしてくれるため、ただのメモ帳に特化したアプリを使うよりも見やすいです。

メリット④ エディターとしての機能

公式サイトによると、コードエディターとしての実用性も備えるべく、VS Codeと同じエディタが入っているとか。

またEmmitとPrettierの機能も組み込まれているそうで、そのため、例えば下部の「Plain Text」からHTMLに変更して「!」を打っただけで、<!DOCTYPE html>〜</html>の型が出てきたり、などのEmmitのショートカットもバッチリ使えます。

メリット⑤  Tray Assistantでワンクリックコピー

現状Mac OSのみでの機能とのことですが、Option +S を押すとトレイアシスタントが起動し、右上のバーから検索→項目をワンクリックするだけで、内容がコピーされます。ちゃんとタグ付けをして入れば、導線がシンプルなので使い勝手が良さそうです。

おまけ

まだ使用してはいないものの、マークダウン機能とプレビュー表示もすることが可能です。
「Plain Text」から、Markdownを選択すると、上に目のアイコンが出るので、そこからプレビューを確認することができます。

デメリットとしては、CodePenなどのように複数のファイルを横にならべた上でプレビューもパッと見られる、とかいう種類ではないことと、フォルダ名に日本語を入れようとすると、バグ?なのか変更ができないことも。プレビューはおまけで、本当にメモを整頓するのに向いているアプリという印象です。
ただ、つい先日v2.0.0のベータ版が出たようなので、今後の進化にも期待です!