MuseumThe UK

Tate Britain/テート・ブリテン

美術館がロックダウン後に再開されてから

行ってみたテート・ブリテン。

主に16世紀から現代美術までのイギリス美術をメインのコレクションとしていて、

テート・モダンと同じグループに属しています。

ロックダウン以前もそんなに混雑しているイメージはなかったので、

緩和後一つ目として行ってみることにしました。

もともと無料公開しているテート・モダンですが、

ロックダウン後ということもあり、

マスク着用必須、事前予約も必須というシステムに変更。

予約では時間帯が埋まっているということもなく、

現代/それ以前のギャラリー別に予約となっていたため

どちらも予約してみたら、

実際には、入館時に片方の予約画面を提示したのみで、

ギャラリーをまたぐ際には

特に提示を求められることはありせんでした。

Steve McQueenの’Year3’展示

屋上からの光がさす広い廊下に出ると、

Steve McQueen による

テートのフォトグラファーが撮ったロンドン中のいろんなyear 3(7歳から8歳?)の児童の写真が展示されています。

これでもか!というくらい膨大な量で、制服も個性的でおもしろいです。

個人特定を防ぐため、どこの学校とかは一切書かれていないものの、

地域や学校の種類によっては人種の偏りがあきらかに見て取れたり、

見ていると未来のロンドンというのが少し想像されて、

集合写真を集めることで、そういう見方ができるのが

興味深く思いました。

テート・ブリテンの常設展示で特に注目したいのは、

ヘンリームーアのコレクション。

解説によると、ムーア自身の寄付などもあり、

テートモダンで634点もの木や石、金属による彫刻、

ドローイングやプリント作品を所有しているそう。

たとえば

「ファミリーグループ」という作品では、

ミニサイズの試作品もならび、

最終形までの変遷もみることができます。

ヘンリームーア作品というと屋外に多いイメージがあるけれど、

ここでは屋内サイズで見られる作品がいくつも展示されていて、

抽象的だけれど温かみのある曲線が何回見てもほっこりします^_^

他に常設展示で特に気になるのは、

ビクトリア朝時代の絵画が上から下までぎっしり展示されているエリア。

ウィリアム・ホルマン・ハントの「Strayed Sheep」

ミレイ、ロセッティ、ハント中心で結成された、

ラファエロ前派(Pre-Raphaelites)の絵画が多く展示されています。

最初は秘密結社?だったそうで、

結成を記念したブループラークも、大英博物館の近くにあります。

(テートブリテンには近くはないけど、、)

当時ロイヤルアカデミーではラファエロが一番とされていたため

そこに反発してラファエロ以前へ!という意味があるそうですが、

こまかーな観察による写実的描写は

当時はみんなにウケが良かったわけでもなく、

文豪チャールズディケンズも、

ミレイの聖母マリアを「醜くてひどい、、」と言ったとか。

ミレイの「オフィーリア」

時代が変わっていまはテートブリテンで一番人気の

ミレイのオフィーリア。


モデルは後にロセッティの妻になった人で、

冬にバスタブにつかった状態で進めていたものの、

温度を保つためのランプが切れたことに気づかず、

モデルも言わずにいたので風邪をひいて、

その父親から今だと3000ポンド(40万以上!)もの

治療費請求書がミレイにおくられてきたそう。

なんだか近現代となると残っている話も多いので、

制作の背景や裏話など、

細かいことも知りながら見ることができるのが面白いなあと。

今度行く時は、

解説を見てから鑑賞へ行くのも一つかなと思いました。